Home‎ > ‎

当会について(沿革)

 
【設立の経過】
平成12年夏、岡山県で開かれた全国手話通訳問題 研究集会(通称:全通研夏の集会)における「医療関係者のつどい」(主催:聴覚障害者の医療に 関心を持つ医療関係者のネットワーク)の席上、かねてよりこのつどいに於いて顔を合わせていた聴覚障害者でありかつ医療従事者同士が「自分たちと同じような聴覚障害を持つ医療従事者の 集まりを作り、そこで情報交換等できないか」と話し合い、有志が設立発起人となって会の設立に 向けた準備を始めた。
有志の知人を中心に口コミで会員を募り、平成13年2月、大阪に於いて設立の会を開く。
発足時の会員数9名。

【入会資格】
医療関係の資格を有する聴覚障害者であればどなたでも入会できます。


【当会の目的】
当会は、医療関係の資格を持つ聴覚障害者が コミュニケーションに不自由することなく業務などを遂行できる社会環境の実現と、医療資格 を目指す聴覚障害学生との交流や支援等を図ると共に会員相互の親睦と連携を深める事を目的とする。

【事業概要】
1.会員相互の親睦交流に関する事業
2.医療に従事する聴覚障害者の情報保障に関する事業
3.機関誌の発行に関する事業
4.その他本会の目的達成に必要な事業


【会費】
通信事務費、例会時の諸経費として年間3000円