会則

第1条(名称及び事務局)

 本会は「聴覚障害をもつ医療従事者の会」と称し、事務局を事務局担当宅におく。

 

第2条(目的)

 本会は、医療関係の資格をもつ聴覚障害者がコミュニケーションに不自由することなく業務などを遂行できる社会環境の実現と、医療資格を目指す聴覚障害学生との交流や支援等を図ると共に、会員相互の親睦と連携を深めることを目的とする。

 

第3条(事業)

 本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

1.    会員相互の親睦交流に関する事業

2.    医療に従事する聴覚障害者の情報保障に関する事業

3.    機関誌の発行に関する事業

4.    その他本会の目的達成に必要な事業

 

第4条(会員)

1.    本会の会員は医療資格をもつ聴覚障害者であり、本会の目的に賛同し、所定の申込書を提出し、会費を納入した者とする。

2.    会費を2年間滞納した者は会員資格を失う。ただし、会費の納入があった時点で再び会員となることを認める。

 

第5条(会費)

 会員の会費は年間2,000円とする。

 

第6条(会計年度)

 本会の会計年度は11日から1231日までとする。

 

第7条(会計報告)

 毎年年度初めに前年度の会計報告を行う。

 

第8条(役員)

本会は次の役員をおく。

1)代表幹事 1

2)事務局長 1

3)幹事   若干名

4)幹事の選出と担当職務については別に定める規約により決定する。

 

第9条(役員会)

本会の役員会として幹事会をおき、適宜代表が招集する。

 

附則

 この会則は平成14210日から施行する。

附則(会則一部改正)

 この会則は平成15410日から施行する。

附則(会則一部改正)

 この会則は平成191111日から施行する。

附則(会則一部改正)

 この会則は平成2611日から施行する。

 

 

例会開催における内規

 

会主催の例会に会員以外の方から見学参加の申し出があった場合には、以下の方に於いてそれを認める。

 

1)    聴覚障害者で医療関係の資格を有するか、近い将来取得の見込みがあり、当会の会員になりうる人

2)    手話通訳あるいは要約筆記等に関わる人で当会の活動を理解し、賛同してくださる人

3)    その他、幹事会で承認を得た人

 

附則

 この内規は平成15410日から施行する。

 

幹事選任規定

 

1.    幹事の職務

1)    聴覚障害をもつ医療従事者の会(以下、当会)の幹事の職務は次項のように分担する。但し、協議事項については、分担領域にとどまらず全員で協議の上、最終的には代表が決定する。

2)    幹事の互選により代表幹事と事務局長を選任し、当会全体と実務を統括する。

2.    組織・担当・主な職務


 

 

以下に各担当の主な業務を記す。(役割はこの限りではなく、活動範囲限定するものではない。)

代表幹事(1名)

会の方針や協議事項についての最終決定をおこなう

外部団体との応対窓口

事務局(3名)事務局長1名を含む

  会の運営を円滑にするための連絡業務、情報管理を担当する

会のメールボックスの管理

入退会処理

会員個人情報の管理

会員メーリングリストの管理と会員連絡の発信

会計(1名)

会費の徴収、会の口座の管理、年度末会計報告の作成

Web管理(2名)

Webサイト全般の管理業務

広報(45名)

  会員内及び外部への情報発信を担当するものとする。

ニュースレター作成・発送

ホームページ内容の検討・提案

企画部(45名)

  主に会員内の交流や情報共有の機会となる企画を立案、準備を担当する

各エリアでの交流会の企画

例会、例会時交流会の企画、内容発案(ただし幹事会全体でバックアップする) 

3.    幹事候補者の選出

1)  立候補

幹事就任の意思がある会員は、担当可能な職務を明記の上、事務局へ文書またはメールにて申し出る。

2)    推薦

職務の担当など前項の立候補の要件を満たし、本人の承諾がある場合に推薦を認める。

4.    幹事の選任

幹事候補者は、当会の年次例会での承認を得て幹事に選任される。

5.    職務の決定

選出された幹事間の協議により担当職務を決定するが、可能な限り併任は避ける。ただし、幹事数が不足するなどやむを得ない事由がある場合は、代表と事務局以外の担当の複数の併任は妨げない。

6.    任期

年次例会直後の11日から2年間とする。

7.    欠員の補充

幹事の欠員は、幹事会で当該職務の遂行が可能と判断され、かつ本人が承諾する場合に補充できる。任期は次回の幹事改選直後の1231日までとする。

8.    当会の運営上必要な場合に、相談役を置くことができる。相談役は幹事会が委嘱し、幹事会議に参加して適宜意見や進言を行う。任期は委嘱した幹事会の幹事の任期と同様とする。

9.    当会が実施した調査の結果を管理し、また外部から当会会員を対象とする調査依頼があったときの検討を担当する部門として、「調査研究部門」を設置する。複数担当制とし、幹事会が委嘱する。幹事会には参加せず、一般会員の立場で担当する。外部との対応の最終決定は幹事会が行う。任期は委嘱した幹事の任期と同様とする。

10.  この規定は平成191111日より施行する。

 

附則(規定一部改正)

この規定は平成251013日から施行する。

附則(規定一部改正)

この規定は平成3011日から施行する。